Newsニュース

建設用クレーン製造大手のTADANOとシミュレーターを使った初のクレーン自動操作AIアルゴリズム開発コンペを開催。人材不足時代にクレーンも自動運転の時代に。〜9月13日より開催、賞金総額は過去最高の400万円〜

2021.09.10

このエントリーをはてなブックマークに追加

AIの開発・人材育成・採用に関するサービスを提供する株式会社SIGNATE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齊藤 秀)は、建設用クレーン製造大手の株式会社タダノ(本社:香川県高松市、代表取締役社長:氏家 俊明)とクレーンの自動操作シミュレーターを使った初のAIアルゴリズム開発コンペを9月13日より開催いたします。微妙な操作で大きなズレを生じ危険とリスクが伴う建設クレーン操作の世界に、自動化という大きな一歩を進める業界初の取り組みとなります。

特に建設業界では、高齢化に伴う熟練技能者の引退により働き手不足の深刻化に加え、作業現場で事故が起こる危険性もあり、操作者の無人化や操作自動化技術の開発が求められてきました。
クレーンの旋回動作は早く、クレーンの動きや荷の重さを考えながら、操作する必要があるため操作に熟練が求められます。コンペティションでは、参加者が実際にシミュレーターを操作できる環境を提供し、自分で作ったアルゴリズムを試した上で、コンペに投稿。自動運転の精度と実行時間を考慮した総合的な順位を争います。
コンペティションを利用したオープンイノベーション開発としても、画期的な取り組みで、今後様々な分野の開発方法に応用できる可能性があります。
SIGNATEは、企業が組織やベンダーにとらわれず、個人の才能を最大限に活用できるコンペティションを通じて、Siciety5.0社会に向けた新しいオープンなソリューションを提供しています。

SIGNATEのサービス
2021年8月時点で国内最大約55,000人を超えるAI/データ分析人材が登録。登録ユーザの73%が社会人、27%が学生で、高度な知識・スキルを有した方々のコミュニティとなっています。
機能は主に、AI開発の知見をコンペで集める『SIGNATE Competition』、AI/データ分析人材育成のためのE-ラーニング教材『SIGNATE Quest』、AI/データ分析人材の転職スカウトサービス『SIGNATE Delta』、AI/データ分析を学ぶ新卒採用サービス『SIGNATE Campus』です。

社 名
株式会社SIGNATE(SIGNATE Inc.)
本 社
東京都千代田区四番町6番 東急番町ビル
資本金
2億80百万円(資本準備金1億円含む/2018年4月1日時点)
代表者
代表取締役社長CEO/CDO 齊藤秀
取締役副社長COO 夏井丈俊

本件に関する
お問い合わせ先

株式会社SIGNATE広報担当
03-5745-3520info@signate.co.jp

PAGETOP

こちらからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ