SIGNATE Cloud、「アンケート調査入門」や「DX事例集」、「IoT入門」などの講座を公開!

開発から育成まで企業のDXをトータルにサポートする株式会社SIGNATE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齊藤 秀、読み方:シグネイト、以下 SIGNATE)は、DX人材育成サービス「SIGNATE Cloud」で新しく「アンケート調査入門」「DX事例集」「IoT入門」の講座を公開いたしました。

■講座リリースの背景
「SIGNATE Cloud」は、全社的なDXリテラシーの底上げから専門人材の育成まで、企業のデジタル変革をトータルでサポートするDX人材育成サービスです。
今回新たに公開した「アンケート調査入門」は、DXにおけるデータ活用の重要性を踏まえ、アンケート調査を顧客理解のための有効なツールとして紹介します。具体的には調査票の設計方法や集計方法など、アンケートの基本知識を学べます。また「DX事例集」はDXの成功・失敗パターンを研究し、それらを自社のDX戦略策定に生かすヒントを提供する講座です。「IoT入門」では、データ収集のための重要な技術の一つであるIoTに焦点を当て、IoTの基本知識やセキュリティ上の注意点を学ぶことで、企業のDX推進における選択肢を広げることが狙いとなります。業界別の代表的なIoT活用事例についても解説しています。
SIGNATEは、今後も引き続き、ビジネスアーキテクトやデータサイエンティストを中心とするDX推進人材育成のための講座を順次リリースしていく予定です。

【講座詳細】

講座名 受講者のゴール
アンケート調査入門 本講座では、アンケート調査を行う際に押さえるべき基礎知識として、調査のプロセス、調査票の設計方法、アンケート結果の集計方法などを学びます。
DX事例集 本講座では、近年注目されているDX(デジタルトランスフォーメーション)について、成功事例と失敗事例に分けて紹介し、自社のDX推進に活かす知識を習得することを目的としています。
IoT入門 本講座では、近年注目されているIoT(Internet of Things、モノのインターネット)の概要とIoTにおける情報セキュリティを解説し、業界ごとに代表的なIoT活用事例をご紹介します。

■SIGNATE Cloudについて
DXが急速に進展する現在においては、企業が成長を続けていくためにDX推進人材の登用が不可欠です。企業は社員にデータ・デジタル技術への理解、それらを活用するスキル、そして変化に適応する能力を求めており、そのアップスキリング・リスキリングの支援こそが、自社の競争力維持と持続的な成長の必須要件だと考えています。
「SIGNATE Cloud」は、学びと実務が一体となった全く新しいDX教育サービスです。全社的なDXリテラシーの底上げからDX推進におけるコア人材の育成まで、DXへの取り組みフェーズに合わせて適切な教育プログラムを提供可能で、リリースから1年余りで導入企業600社以上・累計受講者90,000人超に成長しました。現在では、上場・大手企業への導入に加え、高等教育機関や経済産業省『マナビDX Quest』、広島県・山口県の先端人材育成事業等においてもご活用いただいています。

▼詳細は、下記よりお問い合わせください。
URL:https://bit.ly/3DOH3K4

■SIGNATEについて
株式会社SIGNATEは、開発から人材育成まで社会と企業のDXを推進し、日本の生産性向上と成長にコミットするスタートアップです。生成AIをはじめとしてデータとデジタル技術が急速に進展する現在において、企業が競争優位性を確立し、持続的な成長を遂げていくためにはDXへの取り組みが不可欠です。その課題に対し、日本最大のDX人材会員基盤や人材育成プラットフォーム、生成AIを使った業務支援ツール等を通じてソリューションを提供しています。

SIGNATEに
相談してみませんか?

本件に関するご質問、お問い合わせなど、
お気軽にお問合せください。

問い合わせる

SIGNATEとは

SIGNATEは、社会と企業のDX推進を支援し、日本の成長に貢献することを目指すベンチャー企業です。
日本最大のデータ人材コミュニティ「SIGNATE」では、AI開発コンペティションやDXプロジェクトサポートで個人が才能を発揮できる機会を提供するほか、DX推進のための人材育成クラウドサービス『SIGNATE Cloud』では、社員をDX人材にするための教育を提供しています。

社 名
株式会社SIGNATE(SIGNATE Inc.)
本 社
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE WeWork内
資本金
2.8億円
(資本準備金1.8億円含む/2022年8月1日時点)
代表者
代表取締役社長CEO 齊藤秀