SIGNATEにて、「第2回渋滞予測チャレンジコンテスト」が開始。関越自動車道・東北自動車道の渋滞予測に挑戦しよう!

開発から育成まで企業のDXをトータルにサポートする株式会社SIGNATE(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:齊藤 秀、読み方:シグネイト、以下 SIGNATE)は、データ分析コンペティション「SIGNATE」にて、東日本高速道路株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:由木 文彦、以下NEXCO東日本)と東京大学大学院情報学環(以下 東京大学)主催のデータ分析コンペティション「第2回渋滞予測チャレンジコンテスト」を、本年1月31日(水)より開始します。

https://signate.jp/competitions/1299

本コンペティションは、昨年開催した「渋滞予測チャレンジコンテスト」の第2回コンテストとなります。前回は、学習データが不均衡であることに着目しデータ拡張を行ったモデルや、休日のパターンを特徴量化して扱うモデル、目的変数を前日との速度差に変換して回帰を行うモデルが上位入賞を果たしました。今回は予測精度と汎用性の向上を目的に提供データを詳細化し、予測対象路線を変更して渋滞予測チャレンジコンテストを行います。

■コンペティション概要
<開催概要>
名称:「第2回NEXCO東日本 渋滞予測チャレンジコンテスト」~高速料金・ルート検索データを活用した高速道路の渋滞予測高度化への挑戦~
主催:NEXCO東日本、東京大学大学院情報学環
期間:2024年1月31日(水) - 2024年3月31日(日)
副賞:精度賞1位 30万円、 2位 20万円、 3位 10万円、4位〜10位 5万円、モデリング賞 10万円×2
参加資格:コンペティション参加規約及び特約事項に同意した方
サイト:https://signate.jp/competitions/1299
<課題>
高速道路(関越道・東北道)における渋滞を予測するアルゴリズムを作成し、2024年4月1日~5月6日の各区間の渋滞の有無を1時間毎に予測

SIGNATEに
相談してみませんか?

本件に関するご質問、お問い合わせなど、
お気軽にお問合せください。

問い合わせる

SIGNATEとは

SIGNATEは、社会と企業のDX推進を支援し、日本の成長に貢献することを目指すベンチャー企業です。
日本最大のデータ人材コミュニティ「SIGNATE」では、AI開発コンペティションやDXプロジェクトサポートで個人が才能を発揮できる機会を提供するほか、DX推進のための人材育成クラウドサービス『SIGNATE Cloud』では、社員をDX人材にするための教育を提供しています。

社 名
株式会社SIGNATE(SIGNATE Inc.)
本 社
〒101-0054 東京都千代田区神田錦町2-2-1 KANDA SQUARE WeWork内
資本金
2.8億円
(資本準備金1.8億円含む/2022年8月1日時点)
代表者
代表取締役社長CEO 齊藤秀